商品検索

  • 留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 振袖
  • パーティードレス
  • ジュニア
  • モーニング
  • 列席その他
  • 小物

ワタベウェディングyouRSTYLEとは

youR STYLE(ユアスタイル) レンタル衣裳サイトへようこそ!

このレンタル衣裳サイトは、京都老舗のワタベウェディング株式会社の豊富なウェディング関連衣裳を、より多くのお客様にご利用頂き、素敵な門出のお手伝いをしたいという想いから「レンタル衣裳専門サイト」としてオープンいたしました。
「購入するにはちょっと」「子供の晴れ舞台に正礼装で祝福したい」「近くにレンタルできるところがない」などさまざまなお客様の声にお応えしてまいります。
ご利用ガイドはこちら >>

ワタベウェディングについて

本サイト及び取り扱いレンタル商品は、ワタベウェディング株式会社にて管理運用しております。
詳しくは、ワタベウェディングホームページの会社情報をご確認ください。
会社情報 >>

国内全エリア送料無料

国内全エリア送料無料(北海道・沖縄・離島含む)
ご自宅、ホテル式場などご指定場所へお届けいたします。
衣裳ご利用後の返却時の配送料も弊社負担で安心です!

和装のうんちく

京都老舗のこだわりを低価格で。取り扱い商品はすべて「正絹」を取り揃えております。

黒留袖

黒留袖は黒地で裾に模様が描かれており、背中心・両外袖・両胸の五ヶ所に染め抜きの日向紋が付きます。
黒留袖の柄行は華やかな祝儀の場所での着用となる為、染めや箔、刺繍などを用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様などが多く見受けられます。
品格のある文様の中から、華やかさ、優雅さ、重厚さなど、それぞれの特徴を踏まえ、着る人の年齢、好みに合わせて柄行を選ばれるとよいのではないでしょうか。


色留袖

色留袖は黒以外の色地で裾に模様が描かれており、五つ紋の他に三つ紋や一つ紋があります。
紋の位置や種類によって格式が変わりますが、五つ紋にすると黒留袖と同格となり、祝儀の場所で未婚女性も着用頂ける第一礼装となります。
ワタベウェディングでは色留袖は全て五つ紋となります。主に、親族の方が着用されることが多く、華やかな印象になることでしょう。


振袖

振袖は、袖の「袂」(たもと)が長いためにこの名があります。現在では未婚の女性が、裾模様の黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式の礼装として着用される事が多くなってきました。なお、振袖を着用する機会として、現在もっともポピュラーな場は成人式であり、それに次いで結婚式の披露宴となります。

和装着付けの豆知識とワンポイントアドバイス

長襦袢 白地の化繊が一般的
留袖に合わせる帯は「袋帯」を合わせるのが基本。格調のある柄行の多い留袖には袋帯を約600本の中から選定。
帯揚げ・帯締め 白または金銀が基本
扇子 表が金(裏が銀)で黒の無地の塗りが一般的
草履・バッグ 金銀の柄を用いたものが一般的
着付小物セット 前板 前帯部分にシワが入らないようにする為のもの
帯枕 袋帯をお太鼓などに結ぶとき、背中に固定させたり、形を整えたりするために帯揚げの中に入れる枕状の芯
腰紐 着物を着用する際に必ず必要な紐
伊達巻 着物を着用する際の着付け紐として「腰紐」「伊達巻」が必要

着物柄行由来

鶴(または鶴亀) 鶴は千年、亀は万年と言われるよう、健康長寿を表しています。
鴛鴦 一生涯つがいの相手を変えない、と言われており、仲のよい夫婦を表しています。
鳳凰 羽ある生物の王であるとされており、格式が高い柄行とされています。
貝桶・貝合わせ 蛤はみな同じような形に見えて、ぴったりと合う貝はもともとのペアだったひとつだけ。
そこから女性の貞淑や円満な夫婦関係を表すと云われます。
松竹梅 松は常緑樹なので繁栄のイメージ、竹はタケノコから一年で一気に大きくなるので成長を、梅は冬の寒さに耐え春まだ浅く寒さの残るうちから可憐な花を咲かせるので、強い生命力をイメージさせると云われます。
束ね熨斗 熨斗は元々はあわびを薄くしたもので、「伸びる」というおめでたい意味に通じ、お祝い物に添えられたことから、熨斗はお祝事の時に着る着物の模様にはよく使われます。
宝尽くし 如意・宝珠・宝やく・打出の小槌・金嚢・隠蓑・隠笠・丁字・花輪違・金函の模様が多いです。健康や金運・財運等の吉祥・招福を願う気持ちの表れです。

気をつけておきたい作法

黒留袖を着用する際は、帯締・帯揚・足袋・半衿などの小物類は必ず白です。
帯の間には扇子を挟みます。
扇子は挨拶する際に手にもって (右手側に要・左手側に開くほう。畳敷きのお部屋の場合は手をついたその前において)ご挨拶します。挨拶する際、自分の前に扇子をおくことで結界とし、へりくだる意味になります。

洋装のうんちく

モーニングコート

単に服を着るのではなく、知識を備えることにより、ますます愉しくなるのがフォーマルウェアです。
モーニングコートの語源は「Good Morning(グッドモーニング)」。
その名の通り、昼間に着用する最も正式な礼装のことです。
慶事では、格調高い結婚式や披露宴・記念式典・公式行事などで、主役またはそれに準じる人が着用します。

モーニングコートの上着の色は黒。共生地またはグレーのベスト、グレーの縦縞のスラックスをあわせて着用するのが基本スタイル。
モーニングコートの起源でもあるフロックコートが着用されていた時代から、上着と共生地ではないスラックスを合わせていました。
現在のようなスタイリングが定着したのは、1800年代終り頃からと言われています。

モーニング着用時のワンポイントアドバイス

ジャケット 型は1つボタンのピークドラペル、フロントはウエストから裾にかけての曲線的に大きくカットされている
スラックス 裾はシングル、後ろは長く斜めにカットしたモーニングカット
シャツ 白無地でレギュラーカラーまたはウイングカラーで、ダブルカフスが基本だが、シングルでも可
ベスト ジャケットと共布かグレーで、シングル
慶事では、共布のベストに限り、取り外しが可能な白衿をつける
タイ シルバーグレー、白黒の縞の結び下げ
カフス ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝などの白石
サスペンダー 白黒の縞もしくは無地などで、ベルトでも可
チーフ 白で麻素材のものをスリーピークにして
手袋 一般的には白手袋で
ソックス 白黒の縞が基本、または黒無地
黒のキッドやカーフのストレートチップやプレーントゥ

結婚式でのポイント
結婚式では両家のバランスが大切です!
そして、モーニングでポイントとなるのがドレスシャツ。
モーニングコート用のウィングカラーかレギュラーカラー、どちらでも構いませんが、新郎・新婦両家のバランスを保つには、 襟のタイプを統一するのがベターです。
特に、両家の親族がお客様を迎えたり、見送りする際には、より美しく、バランスの取れた演出ができるでしょう。